松尾芭蕉・おくのほそ道文学館   資料展示室

陸奥国石川郡大隈瀧芭蕉翁碑之図
 
須賀川市立博物館所蔵

陸奥国石川郡大隈瀧芭蕉翁碑之図

陸奥国石川郡大隈瀧芭蕉翁碑之図
(句集「青かけ」挿図)
文化11年(1814年) 亜欧堂田善作

「大隈瀧」は福島県須賀川市にある「乙字ケ滝」のこと。

芭蕉は、元禄2年(1689年)4月29日(新暦6月16日)須賀川の等躬宅を離れ、郡山への途次、この乙字ケ滝に立ち寄った。曽良随行日記の当日の条には、「石河滝」の名で、滝の位置や様子などが次のように詳しく記されている。
 
石河滝(乙字ケ滝)見ニ行。(此間、さゝ川ト云宿ヨリあさか郡) 須か川ヨリ辰巳ノ方壱里半計有。滝ヨリ十余丁下ヲ渡リ、上ヘ登ル。歩ニテ行バ滝ノ上渡レバ余程近由。阿武隈川也。川ハヾ百二、三十間も有之。滝ハ筋かヘニ百五、六十間も可有。高サ二丈、壱丈五、六尺、所ニヨリ壱丈計ノ所も有之。

[参 照]
須賀川資料写真と解説(4)
文学館書庫収蔵資料

<展示室目次>


掲載している画像について

福島県須賀川市立博物館が所蔵するネガフィルムをもとにして、
LAP Edc. SOFTがホームページ用に作成したものです。

画像の無断使用・転載を禁止します。


おくのほそ道 総合データベース

俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡

松尾芭蕉・おくのほそ道文学館


Copyright(C) 2001-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ