松尾芭蕉・おくのほそ道文学館
武隈の松の章段

【出典】 俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡  第10集「芭蕉と岩沼」  [文学館目録]
前頁 岩沼に宿る。武隈の松にこそ、め覚る心地はすれ。根は土際より二木にわかれて、・・・ 次頁
「おくのほそ道」芭蕉句集  桜より松は二木を三月越し (さくらより まつはふたきを みつきごし)
14 竹駒神社・句碑 二木の松史跡公園 二木の松史跡公園・句碑 [句碑建立地]
岩沼市
(中、右)二木の松史跡公園
(左)竹駒神社
[句解釈]   桜よりも、私を待っていてくれたのは二木の松で、三月越しにようやく見ることができましたよ。
平成元年、岩沼市は「おくのほそ道紀行300年」を記念して、歌枕「武隈の松」の地を二木の松史跡公園として整備した。公園の広さは620平方メートルほどで、公園の入口前には名松「武隈の松(二木の松)」が亭々とそびえ、その脇に、藤原元善(良)朝臣と橘季通の歌碑が建っている。藤原元善の歌は、文献上、「武隈の松」初出の歌として知られている。
「後撰和歌集」藤原元善
うゑし時ちぎりやしけむたけくまの松をふたたびあひ見つるかな
「後拾遺和歌集」橘季通
武隈の松はふた木を都人いかがと問はばみきとこたへむ
  
芭蕉一行は元禄2年5月4日、岩沼を目指して白石宿を出立し、竹駒神社を参拝後、武隈の松に立ち寄った。上の句は、門人の挙白が「おくのほそ道」の旅への餞別として詠んだ「武隈の松みせ申せ遅桜(遅桜よ、わが師が奥州に赴かれたら、是非とも武隈の松をお見せしなさい)」に応えて詠んだもの。現在の松は七代目といわれるが、公園内には、やはり二股に分かれた次の代の若木が育ち、その脇に「桜より」の句碑が建っている。
  
左の句碑は、竹駒神社境内の北東部に見られる句碑で二木塚と言われる。芭蕉百年忌にあたる寛政5年(1793年)に建てられたもの。この句碑の右隣に、句碑を建立した東龍斎謙阿の「朧より松は二夜の月にこそ」の句碑がある。
  
おくのほそ道 現代語訳
武 隈 の 松
岩沼に宿る。
武隈の松にこそ、め覚る心地はすれ。根は土際より二木にわかれて、昔の姿うしなはずとしらる。先能因法師思ひ出。往昔むつのかみにて下りし人、此木を伐て、名取川の橋杭にせられたる事などあればにや、「松は此たび跡もなし」とは詠たり。代々、あるは伐、あるひは植継などせしと聞に、今将、千歳のかたちとゝのほひて、めでたき松のけしきになん侍し。

「武隈の松みせ申せ遅桜」と挙白と云ものゝ餞別したりければ、
 桜より松は二木を三月越し
岩沼に宿をとった。
武隈の松の見事さに、まったく目が覚めるような心地がした。根は土際から二つに分かれていて、昔から伝えられている姿を失っていないことがわかる。真っ先に能因法師のことを思い出す。その昔、陸奥守として当地に下った人が、この松の木を伐って名取川の橋杭にされたことがあったからだろうか、能因法師は「松は、このたび来てみると跡かたもなくなっている」と詠んでいる。代々にわたって、あるいは伐り、あるいは植え継ぎなどをしたと聞いていたのに、今また、松の木千年といわれる通りの木立ちとなっていて、立派な松の様子であった。

「遅桜よ、わが師が奥州に赴かれたら、是非とも武隈の松をお見せしなさい」と、挙白という者が江戸を出立の折に句を贈ってくれたので、これに応えて、


桜よりも、私を待っていてくれたのは二木の松で、三月越しにようやく見ることができましたよ。
芭蕉と岩沼「芭蕉について-なぜ岩沼と名取が逆転したか」参照
  
曽良随行日記 (岩沼)
元禄2年(1689年)5月4日(新暦6月20日)
原 文 現代語
一 四日
雨少止。辰ノ尅、白石ヲ立。折ゝ日ノ光見ル。岩沼入口ノ左ノ方ニ竹駒明神ト云有リ。ソノ別当ノ寺ノ後ニ武隈ノ松有。竹がきヲシテ有。ソノ辺、侍やしき也。古市源七殿住所也。
 
 
○笠島(名取郡之内)、岩沼・搏c之間、左ノ方一里計有。三ノ輪(箕輪)・笠嶋と村並テ有由、行過テ不見。
一 四日
雨少し止む。午前8時頃、白石を立つ。折ゝ日の光見る。岩沼入口の左の方に竹駒明神という神社有リ。その別当の寺(竹駒寺)の後に武隈の松有り。竹垣をして有る。その辺、侍やしき也。古市源七殿(岩沼館主・古市源吉のこと)の住所也。
 
○笠島(名取郡の内)、岩沼と増田の間、左の方一里ばかりに有り。箕輪と笠島の村、並んで有るというが、行き過ぎて見ず。


本文・曽良随行日記の現代語訳および句の解釈

LAP Edc. SOFT
 

曽良随行日記は「俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡」のシリーズ「芭蕉について」からそのまま

転記しています。
ただし、章段によっては、滞在日に合わせて元のテキストを分割して掲載しているのもあります。

松尾芭蕉・おくのほそ道文学館


<TOP>


俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡

第10集 芭蕉と岩沼


底本について

「おくのほそ道」の本文は、素龍清書の「西村本」を底本としています。
 
句読点や章段ごとの見出しは「俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡」
の中で任意に付したものであり、
「おくのほそ道」の本文に存在するものではありません。

掲載しているデータについて
 
掲載しているテキストや写真の無断使用・転載を禁止します。


Copyright(C) 2000-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ