松尾芭蕉・おくのほそ道文学館
須賀川で書かれた杉風宛書簡

元禄2年(1689年)4月26日付書簡


風様


卯月廿六日

桃青
得可

成候

態たれへも書状遺し不
申候

たれより忝候など
ゝいふ事のみに泣きいだし候
深川衆へ御心

其元の事のみ申出候
月のけふは
貴様御出
下候
此元発句もさのみ出不
申候

無事に達者
致候
越候哉
波老病気も如何候哉

より養生御心得可


申候
と待様
御おかしかるべくと被
存候
其後
深川へも御
能候故
万事に不自由無

御坐
もはやそろあた
ゝかに成
ばし逗留可
致候
いまだ此辺朝晩さむく御坐候へ共
是迄は皆宿
六月初
加州へ付可
申候
出羽風も在所に居候よし
是にもし

望絶申候
あれより秋田
・庄内の方
いまだ心不定候
大かた

むさとしたるあれ俳諧はやり申候さた

之候
仙台之風
見へず候よし
朔日二日之比
仙台へ付可
申候
千風
仙台へ

大かた明廿七日
又発足可

致候
是より仙台まで風雅人もえ
町山口佐兵衛方之客に而御坐候
是を尋候而
日廿六日まで居申
申処に
憚と申作者
拙者句之節
発句など致候仁に而
伊勢
らせられ候
川ノ関
廿一日に越申候
白川より六里
須加川と
屋に二日逗留
湯本に二
三日居申候

其内
図書より間送
物に参候


道筋
湯本共に大関殿御領分にて
道に而雨降候
ざ候
那すを十五日に出
湯本
生石ある筈なれば
六里ほど見
長雨之内
那すに居申
道中
に一度合不

仕合能旅にて御
と申所

大関信濃殿御知行所にて御坐候

城代書と申方に逗留

是に而気遣なしに越路の下りへも
かる可安思候
す黒ばね
留之内

足などへ灸すへ申候
食事などはつね一ばい程喰申
条無

御坐候哉
拙者随分息災に而

発足前に能覚申候故
那す黒羽より書状送進申候

相届候哉


々其元御無事

御一家別
【 現 代 語 訳 】
 
現代語訳: LAP Edc. SOFT
書くことになりますので
貴方以外の誰にも書状は遣わしません
って泣いております
深川の皆さんによろしくお伝えください
皆に
立ちの際
貴方に見送りいただいたこと誰よりも有難かったなどと言
ます
宗五はどこでも貴方のことばかり言っています
先月の今日旅
句については別段書き添えることはありません
宗五
は達者にしてい
でしょうか
くれぐれも養生のほどよろしく仰ってください
私の
るでしょう
その後深川へもお越しでしょうか
宗波の病気はいかが
くなるのを待っているなどと言うと
そちらでは少
々おかしく思われ
朝晩寒いのですが
これまでの宿は皆よいので不自由しません
暖か
も在所に居るとのことなのでしばし逗留する予定です
この辺はまだ
は決めかねています
加賀は六月初
ごろになるでしょう

出羽の清風
風流は望みが絶えています
あれより秋田
・庄内の方
へ足を伸ばすか
そうですが

破調がちの荒れた俳風が流行っているとのこと

仙台の
ないそうで
仙台着は一日か二日の予定です
三千風は仙台へ帰った
今日廿六日まで居り
明日発足の予定です
仙台までは風雅人も見え
発句を贈ってくれた方で
伊勢町山口佐兵衛方の客人だった人です
白河から六里
須賀川の作憚という人の所におります

万句興行の折
図書のちゅうげんに送ってもらいました
白河の関は廿一日に越え
られました

庄屋宅に二日逗留し
湯本に二
三日滞在しました
があるので見物しました
尤も
湯本まで大関殿の領分で

途中雨に降
い旅ができております
那須を十五日に出
六里程先の湯本に殺生石
の間ずっと那須に居りました

道中
一度も雨に合わず

仕合せにも良
う所は
大関信濃殿の知行所で


城代の図書という方に逗留し

長雨
遣いなく越路の下りにかかれるものと考えております
那須黒羽とい
どにすえております
食事も一杯程にして気を付けていますので
でしょうか
私は随分達者で
逗留の間
発足の前に覚えた灸を足な
那須黒羽から書状を送りましたが届きましたか
ともあれ皆様ご無事
  
資料展示室-芭蕉翁須賀川に宿るところの図


【 解  説 】
杉風
杉山杉風について
  
発足前に灸能覚(よくおぼえ)申候故
序文に「もゝ引の破をつゞり、笠の緒付かえて、三里に灸すゆるより、・・・」とある。
  
那す黒ばね
芭蕉と黒羽について 黒羽における芭蕉の14日間の足跡
  
城代図書
資料写真と解説黒羽/5(桃雪邸跡/翠桃邸跡)
  
道中、雨に一度合不申、仕合能旅にて御ざ候
実際には雨中の旅もあったが、旅の安否を気遣う門人らへの配慮からこうした書き方になったと思われる。
黒羽に至るまでの旅中の天候はこちら(曽良随行日記)を参照。
  
殺生石
殺生石の謂れと伝説について 資料写真と解説那須/3(湯本 殺生石)
  
庄屋に二日逗留
「庄屋」は高久覚左衛門宅。
芭蕉について(芭蕉が高久覚左衛門に贈った句文)
資料写真と解説那須/1(高久 宿泊の地/高福寺)
  
図書より仲間送らせられ候
これについて、曽良の随行日記に「昼に及び、図書・弾蔵より馬子(馬方)にて送られる。馬は野間という所より戻す。」とある。また、このときの旅が「おくのほそ道」に次のように記されている。
是より殺生石に行。館代より馬にて送らる。此口付のおのこ、短冊得させよと乞。
やさしき事を望侍るものかなと、
野を横に馬牽むけよほとゝぎす

  
白川の関(白河の関):
芭蕉と白河の関
  
作憚(等躬)
相楽等躬と可伸について
  
作憚と申作者、拙者万句之節、発句など致候仁に而
松永貞徳門下の北村季吟を師とする芭蕉と同じ貞門の石田末得を師とする等躬は同門・孫弟子の間柄で、書面のこの行(くだり)は、芭蕉が延宝5年(1677年)または同6年に万句興行を催して立机披露した際、等躬が贈った次の発句などについて触れたもの。「三吉野や」の句は、岸本調和編「富士石」(延宝7年)に採録されている。
  桃青万句に
  三吉野や世上の花を目八分 等躬
  
今日廿六日まで居申候。大かた明廿七日又発足可致候
須賀川を出立したのは6月29日。
芭蕉が須賀川に残した8日間の足跡
  
三千風
大淀三千風について
  
出羽清風
尾花沢の鈴木清風こと鈴木八右衛門。紅花を扱う豪商で、度々江戸へ出て芭蕉と親交を深めた。
鈴木清風について
  
宗波
深川の芭蕉庵近くに居を構えた芭蕉門弟。曽良とともに「鹿島詣」の旅に随伴。
松尾芭蕉の旅 鹿島紀行紀行(鹿島詣)
  
宗五(河合曽良):
曽良の生涯と墓所正願寺
  
先月のけふは、貴様御出候。たれより忝候などゝいふ事のみに泣きいだし候
「貴様御出候」は、杉風が芭蕉一行を見送ったことについて触れたもので、日付を3月26日としている。岐阜の門人安川落梧に宛てた書簡(元禄2年3月23日付)でも「此廿六日江上を立ち出で候」と出立予定日を「26日」としているが、曽良随行日記の「廿七日夜 カスカベニ泊ル。」の記述から、実際の出立日は翌27日と見られている。
芭蕉について(出立日についての論議)

  

< TOP >


掲載のデータについて

上の書簡は、「俳句」(昭和52年1月号)からの引用です。

本ページに掲載している
テキストデータの無断使用・転載を禁止します。


おくのほそ道 総合データベース

俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡

松尾芭蕉・おくのほそ道文学館


Copyright(C) 2001-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ