松尾芭蕉・おくのほそ道文学館
「おくのほそ道」の諸本

1.素龍が書写した「おくのほそ道」

芭蕉が元禄7年(1694年)の初夏に、北村季吟の次男正立の門下で能書家の柏木素龍に書写させた「おくのほそ道」本があり、同書は、一時芭蕉の兄の半左衛門の手に渡ったが、芭蕉の死後、遺言によって門人の向井去来に贈られた。
同書は、去来、京・久米家、若狭小浜・吹田家、敦賀・白崎家と伝来した後、敦賀の西村家に伝えられているので「西村本」、芭蕉が元禄7年の最後の旅に携帯したので「芭蕉所持本」などと称され、また、「素龍(清書)」ともいわれる。 題簽(だいせん)のみ芭蕉が「おくのほそ道」と自筆した。

また、去来所有の本書をもとに版下をつくり、元禄15年に京都の井筒屋庄兵衛が出版した「元禄版本」があり、その奥書に次のように記されている。

此一書は芭蕉翁奥州の紀行にして素龍が筆也。書の縦五寸五歩、横四寸七歩、紙の重(かさなり)五十三、首尾に白紙を加ふ。外に素龍が跋有。行成紙(こうぜいがみ)の表紙、紫の糸、外題は金の真砂ちらしたる白地に、おくのほそ道と自筆に書て随身し給ふ。遷化の後門人去来が許に有。又真蹟の書門人野坡(やば)の許に有。草稿の書故、文章所々相違す。今去来が本を以て模写する者也。

素龍が本書より先に書写したとされる「柿衞本」もあり、同書は、兵庫県伊丹市の柿衞翁岡田利兵衛(1892〜1982)によって1960年10月4日付けの朝日新聞で発表された。     

2.曽良の手許にあった「おくのほそ道」

曽良の手許にあったので「曽良本」と称される「おくのほそ道」本がある。曽良または門人・利牛の書写とされる本書には見せ消ちや書入れなどがあり、「おくのほそ道」成立までの推敲過程を伝える重要な資料となっている。本書は、曽良の死後、故郷上諏訪の河西周徳(曽良の甥)に随行日記とともに伝えられ、その後、古美術収集家の斎藤幾太などに伝わり、現在、随行日記とともに天理大学附属天理図書館錦屋文庫に所蔵されている。これより本書は「天理本」とも称される。

○「見せ消ち」は、字句の訂正を行うときに、もとの文字が読めるようして消す方法。

  

3.芭蕉自筆の「おくのほそ道」

平成8年11月末、櫻井武次郎、上野洋三両氏によって、中尾堅一郎氏所有の「おくのほそ道」芭蕉自筆本が発表された。
「おくのほそ道」芭蕉自筆本は、野坡の許に伝えられたので「野坡本」、または中尾氏が所有していることから「中尾本」と称される。

<TOP>


おくのほそ道 総合データベース

俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡

松尾芭蕉・おくのほそ道文学館


Copyright(C) 2001-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by webmaster@bashouan.com
 
LAP Edc. SOFTのホームページ

 
LAP Edc. SOFTのホームページ