山寺資料写真と解説(5)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

芭蕉と曽良の像 芭蕉と曽良の像。

根本中堂からやや西に行ったところに芭蕉(奥)と曽良(手前)のブロンズ像がある。2つの像の間に見えるのが芭蕉句碑で、写真右下の石碑は、曽良像の建立者が建てた由緒碑。
芭蕉像。

出羽越えを果した芭蕉一行は、当初、鈴木清風の里・尾花沢から直接大石田に旅立つ予定であったが、滞在中、山寺の参詣を強く勧められ、元禄2年(1689年)5月27日(新暦7月13日)羽州街道を南下した。

山形領に立石寺と云山寺あり。慈覚大師の開基にして、殊清閑の地也。一見すべきよし、人々のすゝむるに依て、尾花沢よりとつて返し、其間七里ばかり也。
(おくのほそ道)
芭蕉像
曽良像 曽良像。

芭蕉像は、昭和47年(1972年)の建立で、曽良の像は、「おくのほそ道」紀行300年を記念して平成元年(1989年)に建てられた。

河合曽良について
芭蕉句碑。
 
閑さや岩にしみ入蝉の声
 
「おくのほそ道」には山寺の句として上の句が記されたが、その初案にあたる句が曽良の「俳諧書留」(山寺や石にしミつく蝉の聲)や風国撰の「初蝉」・「泊船集」(さびしさや岩にしみ込蝉の声)に見られる。
 
芭蕉句碑拡大
閑さや岩にしみ入る蝉の声 (芭蕉)
日枝神社・手水盤 日枝神社・手水盤

日枝神社の前に「手水盤」があり、その説明板に、芭蕉が山寺を訪れた10年後、日枝神社に寄進されたもので、寄進者の筆頭に「預里(あずかり)」と彫られているとあり、その「預里」については「麓の坊であり宿坊なのである」と説明されている。

芭蕉の宿泊先について


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第1集 芭 蕉 と 山 寺
スタートページ

Copyright(C) 2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com