山寺の蝉の声を考える
弥陀洞
       弥陀洞
性相院の東側
     性相院の東側

アブラゼミ
      アブラゼミ
ニイニイゼミ
     ニイニイゼミ

せみの写真提供:ネイチャー
プロダクション 出典:広辞苑第五版(引用許可有)
山寺の地形の特徴は、中谷の両側に切り立つ岩盤とそこに見られる大小様々な穴である。この穴は、もろい凝灰岩が、長年にわたる空気や水の作用により徐々に崩れてできたもので、風化穴と呼ばれる。

山寺で聞かれる蝉の声については、この凝灰岩と風化穴が大きく関わっていると考えられ、また、中谷に適度な広がりがあることも重要な要素の一つと思われる。

2000年の夏、「芭蕉と那須野が原」の取材で大田原を訪れたときのこと。夕暮れ時に那須神社に着いたのだったが、車を降りて参道に向かおうとしたとき、神社の森から聞こえてくる未体験の音響に耳を疑った。神社の参道は、社殿まで延々300m以上も続き、その両脇に、昼を暗くするほどの本数の杉や桧の巨木が育っている。

耳を疑わせた音風景(サウンドスケープ)の正体は、その巨木の森に棲む何百、いや何千、何万ものヒグラシの大合唱だった。聞き慣れた蝉時雨の筈ながら、参道を行くにつれて身体がその音響に包まれてしまう不思議な感覚に捕われ、立ち尽くしてしまった。

また、或る時は、急に電柱や軒下に張り付いて鳴き出すたった一匹の蝉の声に驚かされることもある。こうしたときの蝉の声はきまって甲高く、寝た子をおこすほどのボリュームがあるものだ。

一匹の蝉の声が耳に障ることがあれば、鎮守の森で、あれだけの数の蝉が同時に鳴いても協和さえ感じられこともある。その違いはどこからくるのだろうか。

それは、音が空気の振動として伝わることから、電柱など、高位置から発せられる音は遮るものが無いため直接耳に届きがちなのに対し、鎮守の森では、それぞれの蝉の声が、齢を重ねた木の皮や葉への反射を繰り返すたびに弱められ、木々の体内に溶け込むような作用を受けるからであって、蝉の発音器から鳴き声が発せられるたびにこれが繰り返されている。

山寺の蝉の声にも、同様のことが言える。すなわち、山寺の岩質が、火山灰や軽石を含めた細かな礫からできていて、大変やわらかく、表面が滑らかでない上に凹凸(おうとつ)ができていることから、岩に届いた蝉の声は、

一部を吸収しながら分散して反射し、岩盤にしみ込むように穏やかに聞こえるということであり、加えて、それに風化穴があることによって更にその度合いが高まることになる。

このような環境の山寺・中谷においては、どのような蝉であれ、複数の蝉が同時に鳴いても耳につくほどの激しさはなく、重厚さを兼ね添えながら静かに響きわたる。これは、岩質や風化穴が起因しているほかに、広すぎれば蝉の声を余韻として残すことができず、狭ければ音に重量感が伴わないことから、この中谷に、ほどよい空間の広がりがあることも重要な要素となっているように思われる。

平成8年(1996年)、環境庁は将来に残したい音風景として「日本の音風景100選」事業を行い、その中で四地域の蝉の声が選ばれた。その一つが「山寺の蝉」で、環境庁ではこれを、「蝉の声に対する日本人特有の感性を示すといわれる芭蕉の名句『閑さや岩に染みいる蝉の声』の舞台、立石寺。毎年夏、無数の蝉の声がひとつになって深山から響く」と説明している。

山寺の蝉論争について

芭蕉の「閑さや岩にしみ入蝉の声」の「蝉」が、どんな蝉であるか、単数か複数かなどにについて多くの議論があり、昭和の初期には、歌人・精神科医の斎藤茂吉(1882〜1953)と、夏目漱石門下で芭蕉研究家の小宮豊隆(1884〜1966)との間で激しい論戦が繰り広げられた。

茂吉はジージーと鳴くアブラゼミであると主張し、小宮はチィーチィーと小さく鳴くニイニイゼミであると主張した。山形県出身の茂吉は、山寺のことだけに一歩も譲ることができずアブラゼミで押し通した。

そのうちに、これらのセミの活動時期を調べ論戦に決着をつけようということになり、実際に山寺に入って調査が行われた。その結果、芭蕉が山寺を訪れた7月13日(新暦。旧暦では5月27日)ごろ鳴き出しているのはニイニイゼミで、山寺界隈ではこのころまだアブラゼミは鳴かないということになり、茂吉が敗れた形で蝉論議は終結した。

 

アブラゼミの鳴き声
試 聴
 
○WAVファイルの使用許可をいただいたホームページ
「市川の自然」
http://www.bekkoame.ne.jp/~sibutaka/nature/index.html

ミンミンゼミとアブラゼミとヒグラシの鳴き声
試 聴
 
○WAVファイルの使用許可をいただいたホームページ
「M.Kobayashiさんのホームページ」
http://hp.vector.co.jp/authors/VA004562/
 

    
「日本の音風景100選」に選ばれている蝉の声
 
<「日本の音風景検討会」の選定審査の結果を受けて、環境庁が選定>

○ 山形県 「山寺の蝉」
 

○千葉県 「麻綿原(まめんばら)のヒメハルゼミ(姫春蝉)」

 

○新潟県 「尾山のヒメハルゼミ(姫春蝉)」

 

○石川県 「本多の森の蝉時雨」
 



 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第1集 芭 蕉 と 山 寺
スタートページ

Copyright(C) 2000-2006  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@laphouse.com