毛越寺(もうつうじ)について
 
大泉が池 毛越寺は中尊寺と同様慈覚大師を開祖とし、正式には医王山毛越寺という。藤原二代基衡により建立された寺院で、「吾妻鏡」には、初代清衡が建てた中尊寺の「寺塔四十余宇。禅坊三百余宇也」に対して「四十余宇、禅坊五百余宇」と書かれているが、昭和29年から5年間にわたる発掘調査の結果においても、やはり中尊寺をはるかに凌ぐ大寺院だったことが明らかになった。
 
四十余宇のうち主な堂塔は、金堂(円隆寺)、講堂、経蔵、常行堂、吉祥堂、千手堂、観自在王院、喜祥寺などであったといわれが、これらの伽藍は嘉禄2年(1226年)と天正元年(1573年)の火災で焼失し、わずかに残った常行堂と法華堂も慶長2年(1597年)の野火により焼失したと伝えられる。

毛越寺は、特別史跡と特別名勝の二重に国指定されており、現在までに、発掘調査の結果をもとにして平安時代の優美な浄土庭園が復元されている。その中心をなした「大泉が池」は、東西180m、南北90mあり、その昔は、南大門から中島、さらに金堂(円隆寺)へと続く2つの橋で東西に分けられ、この池に龍頭鷁首(りゅうとうげきしゅ)の船を浮かべ、管弦の楽を奏したといわれる。

毛越寺は、「花の寺」としても知られており、梅、つつじ、桜、はす、やまぶき、萩など四季折々の花を楽しむことができる。6月下旬から7月中旬にかけては、あやめ祭りが開かれ大勢の人でにぎわう。毎年5月の第4日曜日に、盃を流して下に着くまでに和歌を詠む宴「曲水の宴」が行われる。

「おくのほそ道」の中で書かれた「大門」がどこを指しているかについては諸説あるが、中尊寺・毛越寺発行の書籍「平泉」では次のように説明している。

南大門跡は東西三間(柱と柱のあいだを一間という)南北二間の、十二個の礎石が整然と原位置に並んでいる。「吾妻鏡」に「二階惣門」といい、芭蕉が「奥の細道」のなかで「三代の栄耀一睡の中にして、大門の跡は一里こなたに有」と綴るのもこれを指す。

境内には「夏草や兵どもが夢の跡」の句碑が3つ建てられている。その1つは、はじめ高館に建てられていたのを明和6年(1769年)境内に移した芭蕉真筆の句碑(写真で左の方)であり、2つ目はその隣にある平泉出身の俳人素鳥(一関法泉院住職)が文化3年(1806年)に建てた句碑(写真で右の方)で、残りは新渡戸稲造が英訳した句碑である。このように毛越寺に芭蕉の句碑が建っていることから、芭蕉ゆかりの寺院のようにも思われるが、訪れたという記録はない。ただし、義経最期の地である高館は、毛越寺が所有している。 


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第3集 芭 蕉 と 平 泉
スタートページ

Copyright(C) 1999-2000  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com