一関資料写真と解説(2)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

春の厳美渓 春の厳美渓。

一関市街から栗駒山方面へ8Kmほどのところにある厳美渓。栗駒山から流れる磐井川の急流によってつくられた景観で、渓流沿いを歩いてさまざまな岩姿や水の流れを楽しむことができる。
昭和2年に国の名勝天然記念物に指定されている。
春の厳美渓。

春は伊達政宗ゆかりの貞山桜やソメイヨシノなどで渓谷がピンクに染まる。秋は紅葉、冬は雪景色など、四季を通してさまざまな景観を楽しむことができる。
春の厳美渓
渓流沿いの岩だたみ 渓流沿いの岩だたみ。

太古の時代に、栗駒山の噴火でできた(石英安山岩質)熔結凝灰岩が浸食され、見ごたえのある独特な景観を醸し出している。

位置を変えて
春の厳美渓。

西行が庵をむすび、四季の移ろいを愛でたと言われる厳美渓。
幸田露伴などさまざまな文人が訪れている。
春の厳美渓
冬の厳美渓

冬の厳美渓。

上の写真と同じ方向からの冬の景観。
春の厳美渓。

天工橋から見る厳美渓。
春の厳美渓

冬の厳美渓

冬の厳美渓。

上の写真と同じ方向からの冬の景観。
夜来の雪が朝日に輝く。


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第3集 芭 蕉 と 平 泉
スタートページ

Copyright(C) 1999  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com