資料写真と解説 羽州街道界隈(1)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

芭蕉が通った羽州街道(旧国道13号線)界隈(1) 尾花沢市−村山市−東根市−天童市 
尾花沢市梺町・養泉寺前

[南=左] 「古道」の名で養泉寺門前に残る羽州街道。芭蕉は、尾花沢滞在中、この道を何度も往復し土地の俳士との交流を図った。
 
尾花沢市梺町・養泉寺前
宿を貫いた羽州街道 宿を貫いた羽州街道。

[南=手前] 尾花沢市上町。常信寺門前から撮影。羽州街道はこの位置から中町十字路まで1km以上にわたり真っ直ぐに延びている。下は常信寺の向かい側、上町観音堂にある村川素英の墓碑。

村山市金谷・尾上の松。

[南=右] 本飯田との境目、金谷地区の北詰にある樹齢約600年の名松。もとは雌雄二株あって「相生の松」として旅人の足を止めたが、大正12年(1923年)に雄株が雪で折れ、同年植え継がれた。かつての羽州街道は、この付近で約1.8kmに渡り現国道13号線と重複し、その姿を消している。
村山市金谷・尾上の松
村山市楯岡北町 村山市楯岡北町。

[南=奥] 金谷、林崎を過ぎて北町に入る辺りから、正面に楯山が見えてくる。かつて楯岡城が築かれた山で、楯岡城は、承元2年(1208年)に前森今嶺が築城したのに始まる。元和4年(1618年)、山形城主最上義光の弟・光直が入ったが、4年後の最上家改易で取り壊され最後の城主となった。
村山市楯岡・切通し(1)。

[南=奥] 現在は、写真に見るような「切通し」に開削されているが、昔は、二日町と晦日町の境目にあった岩山が、羽州街道の通行を困難にした。切通しの工事が初めて行われたのが元禄・享保の頃とされているので、芭蕉一行が通過した時点では、まだ岩山のままだった可能性が高い。
村山市楯岡・切通し
村山市楯岡・切通し 村山市楯岡・切通し(2)。

[南=手前] 切通しの工事は、安永9年(1780年)、寛政年間(1789〜1801)と引き続き行われ、現在の姿となって完成したのは、明治になってからだった。それ以前は、山を越えるか、または西側に迂回していた。
村山市楯岡・村山駅前。

[南=奥] 駅前十字路から東に1.5km程行くと、バラ園で知られる東沢公園(下の写真)に行き着く。

村山市楯岡・村山駅前


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第22集 芭蕉と尾花沢
スタートページ

Copyright(C) 2002  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com