大石田資料写真と解説(2)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

大石田の高野一栄宅跡まで [2]
「虹の大橋」の手前 − 最上川 − 虹の大橋 − 大橋、大石田河岸
最上川縁の標柱 最上川縁の標柱。

「虹の大橋」の手前の川縁に「最上川 さみだれの瀬」、「芭蕉翁 最上川と出会いの地」を記す巨大な標柱がある。芭蕉が目の当りにした最上川は、数々の中小河川から五月雨を集め、満々たる川姿を呈していた。
今宿を流れる最上川。

左端に見えるのが虹ヶ丘。南西方向から流れ込む最上川は、虹ヶ丘の岩盤に突き当たり、大きくその向きを変える。芭蕉を深く敬慕した斎藤茂吉は、当地を流れ行く最上川を愛し、たびたび虹ヶ丘の頂に吟行した。

最上川の上空にして残れるはいまだうつくしき虹の断片 (茂吉)
今宿を流れる最上川
旧道端に見られる祠 旧道端に見られる祠。

近世初期、最上家十一代藩主最上義光によって最上川の岩礁大開削が行われたが、これと同時期に、土生田からの通行を困難にしていた虹ヶ丘の岩石開削工事も行われ、最上川縁の通行が可能となった。芭蕉も、この新道から高野一栄宅を目指した。写真は、開削前の旧道(薬師神社参道)入り口に建つ祠。「虹の大橋」の手前、奥羽本線の東側にある。
虹の大橋。

虹ヶ丘の頂から望遠で撮影。「虹の大橋」の先に大橋と大石田の町並が見える。大橋の架かるところが、かつて最上川舟運で賑わった大石田河岸や船役所のあったところ。虹ヶ丘からの眺めは、写真奥の川前地区にある川前観音堂、大浦から次年子等に至る県道の峠・小坂からの見晴らしと共に、町内三大眺望に挙げられている。
虹の大橋
大橋と大石田河岸 大橋と大石田河岸。

大石田河岸は、江戸期を通して最上川最大の船着場として発展し、最も栄えた元禄のころは、300艘もの川船を抱えたという。この河岸から紅花、青苧(あおそ。麻の一種)、煙草などの特産品が上方や江戸の市場に送られ、その戻り船で、文化や技術がもたらされたほか、塩、海産物、衣服、木綿などの生活必需品が移送された。
再現された江戸の風景。

最上川の大橋の北岸に、750mに及ぶ江戸の風景が再現されている。これは、建設省東北地方建設局が、その昔、最上川舟運で名を馳せた大石田の河岸を復元しようとたもので、現在までに下の写真に見る「川船方役所」の大門や塀蔵などが建設されている。河川敷には小径も用意されているので、最上川の涼しさや水音を間近に感じながら散策することができる。
再現された江戸の風景
川船方役所の大門 川船方役所の大門。

川船方役所は、最上川水運の秩序維持を図るため、芭蕉来訪の約100年後の寛政4年(1792年)に、幕府が川船差配役に代わって設置したもので、酒田船方との協議、川船所有者の掌握、隠荷の取締りなどを行って最上川水運の統制を図った。役所の廃止は明治5年(1872年)。
最上川縁の塀蔵。

下の写真は、対岸から撮影したもので、左が大橋上流、右が下流。
 
 
最上川縁の塀蔵


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第23集 芭蕉と大石田
スタートページ

Copyright(C) 2003  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com