新庄資料写真と解説(2)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

新庄市・本合海 新庄市・本合海。

梅雨の切れ間となった元禄2年(1689年)6月3日(新暦7月19日)、芭蕉一行は新庄に歌仙と「三つ物」の置土産をし、本合海に向けて旅立った。城下から本合海までの旅のルートは、現在の国道47号線とほぼ同じ道筋と見られており、随行日記に、その間の距離が「一リ半」とある。写真は、芭蕉が乗船した河岸。この先の高台の上に「芭蕉広場」がある。
新庄市・本合海。

上の写真に見える石碑は、地元の街づくり団体「本合海エコロジー」建立の「本合海の渡し」碑で碑文内容は次の通り。

本合海は水陸の要衝であるため、川船の港のほか、対岸に越す渡し場もあった。「本合海の渡し」という。この道をたどる旅人も少なくなかったようで、江戸時代前期の「新庄領内絵図」には、新庄から続いて、畑・蔵岡を経て古口に至る道路が描かれ、一里塚の印が点々と記されている。(以下略)
新庄市・本合海
芭蕉広場の全景

芭蕉広場の全景。

上の写真の坂を上がった先が芭蕉広場。新庄の市街地から当地を訪ねる場合は、国道47号線を西へ行き、本合海の信号の所で国道458号線に入る。そこから500mほど南下すると、左手に八向山積雲寺が見えてくる。その向かい側の道の突き当たりに芭蕉広場がある。

 

芭蕉と曽良の像。

写真は、平成元年(1989年)に「本合海エコロジー」が「奥の細道紀行三百年祭記念事業」として建立した芭蕉と曽良の陶像。2人が見遣る先は空。乗船当日の天候は晴れだったが、これから先の雲行きを心配して上空を眺めている、といったところだろう。

芭蕉と曽良の像
芭蕉広場 芭蕉広場。

広場の向って左側には、川石を並べた中に、芭蕉の「五月雨をあつめて早し最上川」の句碑や「史跡俳聖松尾芭蕉翁乗船之地」を刻む石柱、由緒の碑が配置されている。


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第23集 芭蕉と大石田
スタートページ

Copyright(C) 2003  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com