羽黒山資料写真と解説(5)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

出羽三山関連写真 羽黒山 [5]
芭蕉像、三山三句碑、出羽三山歴史博物館
芭蕉像と三山三句碑 芭蕉像と三山三句碑。

羽黒山山頂の手水舎脇に、昭和48年(1973年)6月に建立された芭蕉像があり、その隣に、巨大な出羽三山の三句碑が建っている。

芭蕉筆「出羽三山短冊」
芭蕉像。

建立者は、山寺の芭蕉像と同じ山形市の鈴木伝六氏。

芭蕉像
三山三句碑 三山三句碑。

凉しさやほの三日月の羽黒山
加多羅禮努湯登廼仁奴良須當毛東迦那
雲の峯いくつくつれて月の山

  
この句碑は、月山旧登山道の通り道にあたる野口に、文政8年(1825年)建立されたもので、「芭蕉野口(三山)句碑」と呼ばれる。現在地への移転は、昭和40年(1965年)。
出羽三山歴史博物館。

昭和45年(1970年)6月に開館。明治の神仏分離前まで山内に安置されていたとされる仏像約250体や中国古鏡303面、第50代別当執行天宥が描いた阿弥陀仏像、芭蕉筆「天宥法印追悼句文」などを収蔵・展示。11月下旬から4月下旬まで冬季休館となる。

芭蕉筆「天宥法印追悼句文」
出羽三山歴史博物館
博物館の内部 博物館の内部。

左は、二階の「俳聖・松尾芭蕉の"誌魂"を守り伝えて」と題する展示コーナー。


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第24集 芭蕉と出羽三山
スタートページ

Copyright(C) 2004  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com