月山資料写真と解説(3)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

出羽三山関連写真 月山 [3]
山頂の風景、月山神社、山頂小屋、芭蕉句碑、山頂の日の出
月山山頂 月山山頂。

ピラミッド型に隆起する月山の絶頂。ここに月山神社が鎮座する。随行日記に「先、御室ヲ拝シテ、角兵衛小ヤニ至ル」とあり、芭蕉一行は、月山山頂に到着すると、まず「御室(おむろ)」に参拝した。「御室」は、現在の月山神社本宮のことで、強風を遮るため積石の塀で囲ってあることからこの称がある。
月山神社本宮。

月山神社は、神仏混淆期にあっては月山権現と言い、祭神を天照大神の弟神の月読命、その本地を阿弥陀如来とした。神仏分離後は月山神社となるが、「御室」には、今も阿弥陀如来の石像が安置されている。

戦前の月山神社本宮
月山神社本宮
本宮の裏で見た鶯 本宮の裏で見た鶯。

本宮の裏に回ると、コバイケイソウの群生を住処としているのか、一羽の鶯が傍らの岩の上に姿を見せていた。月山から湯殿山に至るまで、絶え間なくさえずりを楽しませてくれた鶯であるが、姿を露にしたのはこの一羽だけだった。

芭蕉句碑。

雲の峯幾つ崩て月の山

湯殿山への下り坂に掛かるところに建つ。芭蕉の月山登拝270年を記念して昭和33年(1958年)7月に建立。山形美術館所蔵の短冊をもとに真蹟を銅板に刻し、石にはめ込んだもの。建立から半世紀を経た今、厳しい自然の営みによって最上部の尖がりが破られ、平らになってしまった。
芭蕉句碑
山頂小屋 山頂小屋。

100人収容の宿泊施設を備える山頂小屋。経営者の芳賀竹志氏は、月山の花を網羅した「月山 花賛歌」(崙書房刊)の著者として知られる。宿泊者に振舞われるタケノコやきのこなどの山菜は、氏自らが採取したものという。
 

西の空の寝待ちの月。

2004年8月4日(旧暦6月19日)の朝ぼらけ。薄雲を通して、小屋の上に寝待ちの有明月が眺められた。寝待ち(寝待ちの月)は、満月から4日後の月、すなわち旧暦19日の夜の月で、月の出る時刻が遅いため寝て待つことからこの称がある。

西の空の寝待ちの月
山頂の日の出
山頂の日の出。
同日の日の出。条件が整えば、自分の影が雲や霧に映り、影のまわりに光の環(わ)が浮かび上がるブロッケン現象を見ることができる。下は、仏生池と行者返し間で見た落日。  


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第24集 芭蕉と出羽三山
スタートページ

Copyright(C) 2004  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com