湯殿山資料写真と解説(3)

「資料写真と解説」で扱っている写真は、すべてLAP Edc. SOFTが撮影したものです。
掲載している写真の使用を希望される場合は、「使用条件のページ」をご参照ください。

出羽三山関連写真 湯殿山 [3]
大日坊、注連寺
(これらの寺は、芭蕉の旅のコースに含まれていません)
湯殿山大日坊・仁王門 湯殿山大日坊。

真如海上人の即身仏を安置することで知られる大日坊。弘法大師空海の開山と伝えられ、正式には湯殿山瀧水寺金剛院大日坊と号する。本尊は、湯殿山の本地仏阿弥陀如来。
湯殿山大日坊。

大日坊は、湯殿山別当四ヶ寺の一つで、湯殿山が女人禁制であったことから、女人の湯殿山遥拝所(遠いところから拝むところ)として繁栄した。「大日坊」を号するのは、旧本堂が「大日坊」と称する瀧水寺の本坊であったことに因る。大日坊は、かつてこの南方500mほどのところにあったが、地すべりで被害に遭ったことから、昭和12年(1937年)現在地に移転し再建された。
湯殿山大日坊
湯殿山大日坊 湯殿山大日坊。

羽黒山第50代別当執行天宥は、出羽三山の再建のため、真言の宗風にあった三山を徳川家が帰依した天台宗に改宗し、天台による三山の統一を目指したが、大日坊など湯殿山別当真言四ヶ寺はこれに与(くみ)せず、羽黒山と対立した。明治政府の神仏分離政策にあっては、大日坊は注連寺とともにこれに応じず、仏道を貫いて現在に至っている。

湯殿山注連寺。

六十里街道に面する注連寺・七五三掛(注連掛)口は、大日坊の大網口とともに「八方七口」の一つとして知られ、また、大日坊と同じく、女人の湯殿山遥拝所として繁栄したところ。曽良随行日記の6月7日の条に、当地のことが「御前(湯殿山のご神体)ヨリスグニ、シメカケ(七五三掛)・大日坊へカヽリテ鶴ヶ岡ヘ出ル道有」と書かれている。
湯殿山注連寺
湯殿山注連寺 湯殿山注連寺。

注連寺の開山は大日坊と同じく弘法大師とされ、本尊も同じ阿弥陀如来。本堂に鉄門海上人の即身仏が安置されている。下は境内にある樹齢約200年の七五三掛桜。

 

月山文学碑と森敦文庫。

森敦が、昭和26年(1951年)晩夏から翌年の春にかけて注連寺に滞留。この間の経験をもとに小説「月山」を書き上げた所以から、昭和56年(1981年)、境内地に「月山文学碑」が建立された。右側の建物は、昭和61年に開設の「森敦文庫」。

月山文学碑と森敦文庫


 
  
俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡
総合目次


第24集 芭蕉と出羽三山
スタートページ

Copyright(C) 2004  LAP Edc. SOFT.  All Rights Reserved.
 
Maintained online by
webmaster@bashouan.com